映画を全力でたのしむブログ

前向きにできるだけ良いところを見つけてたのしむ

【映画】オーバーフェンスがすぐに見たくなる感想

【ネタバレ有りの感想です】
 
映画『オーバーフェンス』は不器用な人生を送る2人の男女の心が徐々にシンクロしていく恋愛映画。
 
キャストはオダギリジョー蒼井優などです。
 
今回もこの映画の事前情報がありません。
完全に手探りです。
さあ、楽しく見ていきましょう!
 
 
 
 
出だしは何やらくたびれた作業服を着ている男たちが出てきて作業場で作業しているのですが、私は最初で勘違いしてしまいます。
 
『これは刑務所か少年院の映画だな!?』
 
全然違いました・・・
職業訓練校の話です。
でもこの映画の最初から出てくる指導員がとにかく偉そうなのです。(そこも刑務所との勘違いの元なのです)
『お前何様よ。』そう思いながら最初は視聴してましたが徐々に見かたが変わってきました。
 
こいつはいつから『デレる』のかです。
 
やはり最後は大団円で終わるのでしょうからこの作業員とも打ち解けていい感じになるのでしょうと想像して視聴を続けした。
 
この職業訓練校に通う主人公のオダギリジョーは何やら過去の人生に闇がありそう。
そのモヤモヤがこの映画の雰囲気に影を作ります。
陰のある中年の人生をじっくり描くとこんなにも暗くなるのかってくらい映画が暗い。
 
そしてヒロインの蒼井優の登場です。
蒼井優は夜はキャバクラに務めています。
この蒼井がかなりの変人ぷりです。
とにかく感情の起伏が激しいのです。
これには度肝を抜かれます。(多分、見た方の大部分の人がそう感じると思います。)
とりあえず奇声を発してヘンテコな踊りをするシーンは頻繁にあります。
 
これを蒼井が演技の為にオリジナルのダンスを考えたと想像するとすこし笑えます。
さすが演技派女優です。
この映画は蒼井優の演技を見るだけでも価値があります。
 
この映画のタイトルが『オーバーフェンス』。
なので私は職業訓練校で野球チームを作って色んな年代の生徒が一致団結して盛り上がる話が主軸にあるのかと中盤まで勘違いしてました。
ですがやっと気づきました
 
『これは人生に傷のある人同士の大人の恋愛映画だと・・・』
 
我ながら気づくのが遅すぎます。
事前情報が無くてタイトルで勝手に勘違いをするとこんなに気づくのがおそくなるのか?と呆れました。
 
終盤に向けて色々問題がおこります。
学校のこと、二人の間のことで・・・
人生って紆余曲折あるな・・・とこの映画を見て考えさせられます。
映画の物語のキャラクター以上にこっちが悩んでしまいましたよ。
 
この記事の先ほどの話だと野球が出てこないように思ってしまうかもしれませんが一応出てくるのですが私から見たらオマケ程度の野球でしか感じられませんでした。
 
この映画作品でとにかくいえる事は役者のみなさんが演技が上手いことです。
主要人物はもちろん、脇役の人も演技も迫真の演技です。
 
芸達者の役者の演技に酔いしれていれば、あっというまの2時間でした!